EDで離婚する位ならメガリスを飲む
セックスレスが原因で互いの距離感を上手く掴めなくなってしまった夫婦

離婚の原因の一つにも数えられる夫婦間でのセックスレスを解消するメガリスをご紹介します。

EDの改善、治療薬の血液濃度と牛肉のもも肉

EDとは、日本語では勃起機能の低下を意味します。英語で表現される際の単語の頭文字をとって、EDと略式表記されます。勃起不全、勃起障害と訳されることも多いですが、勃起にまつわる症状だけのことを指すとは限らず、硬さや勃起した状態の維持が不十分であることも含めて、満足な性交渉を行うのが難しい状態であると理解されることが多いです。勃起の具合や性交渉に対する満足度と言うのは、個人差があります。ですからこれらだけでEDであるかどうかを判断するのは難しいため、思い当たることがある場合は、医師に相談することがすすめられます。通常、性的刺激を受けると脳からの指令を受け、陰茎海綿体の動脈は広がります。そこに血液が流れ込み海綿体が血液を吸い込むことで、勃起は発生します。ですからEDは、動脈の拡張が不十分であったり、血流がうまく海綿体に伝わらなかったりすることで発生すると考えられています。これらを解消するためには、ひとつには治療薬を使用する方法が挙げられます。ただし治療薬にも、様々な種類があります。種類によっては体に負担をかけるものもあり、また満足のいく効果を得られない場合もあります。自分に合った治療薬を選ぶためには、医師に相談をすること、そして薬の効き目を表す血液濃度を知ること、またどれくらいで一番、その値が高くなるのかをとらえておくことが重要です。また食事内容を見直すことも、ひとつの方法です。EDの回復には、亜鉛を含む食材を食べることが効果的だと言われています。亜鉛は牛肉やウナギなどに含まれていますから、これらを意識的に摂取してみても良いかもしれません。ただし牛肉と言っても脂身たっぷり、あるいはたっぷりの調味料を使用してこってりと味付けのされたものは血流を停滞させるおそれもあるため、ED改善には向いていません。この場合は、牛肉のもも肉、脂身の少ない赤身部分を摂取するように心がけるのが大切です。